MENU

ネット回線は月々安いほうがいいですよね?

 

いきなりですが、”月額”だけにフォーカスをして安い回線を5秒でご紹介します。

 

【auひかり】

  • 戸建の月額:5,200円
  • 集合住宅の月額:3,800円〜

 

【ドコモ光】

  • 戸建の月額:5,200円
  • 集合住宅の月額:40,00円〜

 

【ソフトバンク光】

  • 戸建の月額:5,200円
  • 集合住宅の月額:3,800円

 

【NURO光】※一都六県限定
戸建の月額:4,743円

 

【月額比較の結論】

戸建:最安はNURO光

 

集合住宅はどこも差がない

 

あなたや家族のスマホで運命が決まります

 

「うーん、どこもあまり差がないな・・・」

 

どの回線業者も月々の差はほとんどありません。

 

ですが、スマートフォンとのセット割で大きく差がでます。

 

※例えば家族4人全員、auユーザーなら最大8000円も安くなる可能性もあります。

 

ドコモ:ドコモ光とドコモでセット割りが可能です。

 

au:auひかり

 

auひかり+auスマホのセット割りが基本です。

 

ただ、auひかり未対応エリアだったり、工事不可のケースもあるため、その場合はSo-net光・BIGLOBE光がおすすめです。

 

ソフトバンク:ソフトバンク光&NURO光

 

関東(※一都六県)で戸建ての場合は、NURO光にしましょう。
※戸建てネット回線で月額最安

 

おすすめのネット回線ランキング

 

auひかり

 



 

  • マンション:35,000円のキャッシュバック<
  • 戸建:65,000円のキャッシュバック<
  • 他社→auの違約金負担あり
  • auユーザーは1台最大2000円パケット引き

 

【戸建の月額】5,200円
【集合住宅の月額】3,800円〜

 

光回線の中で、最もキャッシュバックがオトク!です。

 

特に〇は開通後最短2か月で受け取れる&オプション不要のため、かなりオトクです。

 

また、フレッツ光など他社からauひかりへの切り替え時の違約金負担も可能。

 

スマホやガラケーがauなら、セット割りでパケット料金が安くなります。

 

>>【他社よりお得なauひかりサイトはここ!】

 

NURO光

 



 

  • 戸建:30,000円のキャッシュバック
  • 関東、一都六県限定

 

【戸建の月額】4,743円

 

関東限定の光回線で、月額料金は戸建て最安です。

 

また、ソフトバンクスマホとセット割りで、最大1台2000円引きに。

 

>>【NURO光】業界最速!キャッシュバックキャンペーン

 

ソフトバンク光

 



 

【キャッシュバック】

  • マンション:24,000円
  • 戸建:24,000円

 

全国対応&戸建て・マンション問わないソフトバンク光。

 

現在、工事費用も実質無料&他社への乗り換え満額負担キャンペーン中!

 

>>光コラボレーション申込みなら【SoftBank光.net】

 

ネット回線Q&A

 

ネット回線の疑問

 

光インターネット回線のひかり電話の特徴

 

光インターネット回線を申し込んだ時に必ず付随的に申し込むことができるのは、ひかり電話サービスです。

 

ひかり電話は光インターネットを契約した時に併せて申し込みをすることができるサービスで、ひかり電話対応の機器で利用することができます。

 

このひかり電話の特徴は、従来の銅メタルを用いたアナログ回線と違い、光ファイバーを利用した電話回線でノイズの影響を受けないため、音声の質を損ねないで利用できる点があります。

 

大きな特徴としてノイズが生じて聞き取りにくいといったことがほとんどない点が優れています。

 

また光インターネットと同時に利用する形態になりますので割安さがあり、固定料金は月額500円程度で全国どこにかけても3分8円と従来よりも断然に安い料金を実現しています。

 

一方ではデメリット面も存在し、それは停電時には利用することができない、一部に接続できない番号も存在する点です。
ただ光インターネットの普及と共にひかり電話を推進する政府の意向も存在するため、今後はひかり電話の一本化になる可能性も高いです。

 

家庭の固定電話をひかり電話とする家庭も増えており、スマートフォンが普及しても固定電話をどうしても持ちたいという方はおすすめの電話となります。

 

ネット回線が安定しない!考えられる理由

 

ネット回線が安定しない理由ですが、一つ目に考えられる要因としては、ルーターの不具合があります。

 

ネットを無線Wi-Fiで利用する家庭は増えてきました。無線Wi-Fiのルーターはそう簡単に壊れるものではありませんが、
24時間365日、基本にフル稼働する製品です。そのため、ルーターの「賞味期限」は3年から5年程です。

 

特に高温多湿な場に設置していたルーターは経年劣化を受けやすく、3年以上使い続ければ不具合が起きても何もおかしくはありません。

 

ネット回線が不安定な事はストレスに繋がりますので、早めの買い替えが大事です。

 

次に考えられる原因ですが、ルーターのファームウェアが古い理由があります。ゲーム機やパソコン等と同様に、ルーターもまたファームウェアを更新しなければ、不具合が起きます。

 

更新は主にパソコンの画面から行います。メーカーのサイトなどにアクセスしたり、ルーターの設定画面からアップデートをしたり、方法は色々です。

 

次に考えられる理由ですが、IPアドレスが正しく取得出来ない原因が考えられます。

 

初期設定にミスがあったり、新しくネットの機械を買い足した時に、この現象は起きやすく、同じIPアドレスを複数の機械が同時に利用しようとすれば、たびたび混線が自宅内で発生し、安定しない状態になります。

 

 

光インターネットの新規回線と転用回線の違い

 

光インターネットは、光ファイバー網を利用することで高速通信を実現することが可能で、それを実現するためには新規回線の契約とプロバイダー契約が必要です。

 

東西のNTTがフレッツ光として回線を提供しているため、そのフレッツ光契約を締結し、同時にプロバイダーの契約を行うことでインターネットに接続することができます。

 

現在は光インターネットを利用する上では、光コラボ業者が存在するため、そのコラボ業者はフレッツ光の回線を借り受けて運営するため、
プロバイダー契約と一緒に契約を締結することができる様になりました。

 

従って、フレッツ光とプロバイダー契約の二つの契約が不要となり、光コラボ業者との契約のみでインターネットを繋げることができます。

 

そして現在、フレッツ光とプロバイダーとの二つの契約を締結している場合、光コラボ業者に転用することも可能です。

 

このフレッツ光からコラボ業者に回線を転用すること転用回線ということができ、その新規回線との違いはもともとフレッツ光を契約していたかどうかによる違いとなります。

 

新規回線は元々が契約が存在せず、インターネットを利用できない状態で新たに回線を起こすことが必要です。

 

一方、転用回線では既にインターネットに接続できるフレッツ光の回線が存在するため、それを転用回線として光コラボ業者と契約を結ぶだけで使用できます。

 

ケーブルテレビのインターネット回線@メリット・デメリットは?

 

インターネットを接続する際に、電話会社やケーブルテレビなど様々な回線を勧められます。

 

どの会社のものを使ってもインターネットには接続することは出来るのですが、電話会社やケーブルテレビなどそれぞれに、メリットやデメリットがあります。

 

今回は、ケーブルテレビのインターネット回線についてのメリットとデメリットをご紹介します。

 

まず、ケーブルテレビのインターネット回線のメリットですが、電話料金に左右されない料金設定ができるということです。

 

電話会社のインターネット回線であると、電話回線を使用するため電話料金が加算される場合もあるのです。

 

そのため、料金設定も分かりやすいものになっています。また、不具合など起きた場合の対処も、比較的早いです。

 

電話会社によるインターネットでは、どのほとんどが、
電話による対応ですが、ケーブルテレビの場合は地元密着の場合が多いので、専門スタッフが直接訪問し、対処することも多いのです。

 

この点は、機械が苦手な方などには良いですね。

 

デメリットとしては、大手の電話会社とは異なり、ケーブルテレビの場合は規模が小さいため、
その会社次第で速度や安定性は異なるということです。

 

速度や安定性は、ケーブルテレビであるからといって、一概に保証されているということはありません。

 

その会社がインターネットに力を入れているかどうかなど、各会社により状況は異なります。